鳥取砂丘で遊ぶなら押さえておきたい6つのアクティビティと4つの名物

    鳥取の観光スポットといえば、テレビや雑誌でもおなじみの鳥取砂丘が有名ですね!海とのコントラスト、砂丘の壮大な風景が楽しめる場所で、鳥取に来たらぜひ時間を作って立ち寄りたい場所です。

    鳥取砂丘とは?

    sakyu01

    http://www.tottorisakyu.jp/index.php?view=4792から引用

    鳥取市の日本海側に広がり、南北2.4km・東西16km・最高起伏は47mにも及ぶ日本最大級の砂丘。元は中国山地の岩石が風化して砂になり、溜まった場所です。風と砂がつくりだす「風紋」や、砂丘の窪み「すりばち」など、独特の形状も楽しむことができます。

    毎年12月には「鳥取砂丘イリュージョン」が開催され、ロマンティックなイルミネーションも行われています。 鳥取砂丘に来たら、市営駐車場から鳥取砂丘入口までは木造のスロープを設置しており、車いすやベビーカーの方でも通行が可能。現地では、砂場を走行しやすい太めのタイヤの車いすも無料で貸し出ししています。

    砂丘をゆっくりと歩きながら、地形や砂の感触、まわりの風景などを堪能してみてください。ゲートなどはなく、一日中無料で入ることができます。足元については、スニーカーなどの靴、長靴、スリッパなど、どんな靴でもOK。市営駐車場内の自然公園財団事務所外には足洗い場があります。

    砂丘初心者でも安心

    鳥取市営駐車場に併設された「鳥取砂丘パークインフォメーションセンター」では、砂丘の成り立ちや動植物などを映像で紹介しているほか、砂丘について体験できるコーナーがあります。 鳥取砂丘には観光ガイド兼巡回活動を行う「鳥取砂丘レンジャー」がおり、散策コースの案内の他、写真撮影や質問などができます。砂丘で迷ってしまったり、紛失物などが出た場合も安心です。

    【アクティビティで楽しむ】

    ラクダに乗る

    KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

    http://travel.biglobe.ne.jp/tguide/spot/s14090.htmlから引用

    砂漠でおなじみのラクダが砂丘の入口階段付近に待機しており、基本的に年中無休(天候やラクダの調子により変更有)で出迎えてくれます。記念撮影、背中に乗っての遊覧などラクダと一緒にアクティビティを楽しむこともでき、砂丘にいながらにして砂漠気分も味わえます!

    サンドボードで遊ぶ

    sunbord

    http://tottori-city-hotel.w3-scope.com/information/blog/post_17.htmlから引用

    砂丘ならではの遊びのひとつ「サンドボード」もじわじわと人気を集めています。サンドボードは砂丘の傾斜を利用して、スノーボードに似た板に乗り斜面を滑るという、シンプルかつ新しいスポーツです。ウェアや器具を使わず、普段着でできるのも魅力的。砂丘には約30度の急こう配があって、何度でもスリル満点の滑りが楽しめます。

    パラグライダーに挑戦

    paragu

    海風が常に吹き付けている砂丘では、プロのインストラクターのもとで行うパラグライダーもおすすめ。半日と1日のそれぞれのコースから選べるので、砂丘を訪れた記念に挑戦してみても。断崖絶壁などとは違い、場所が砂丘ということで初心者でも安心して体験ができます。

    ヨガで癒される

    yoga

    http://sakyuyoga.com/から引用

    太陽、風、海、そして砂丘と、自然豊かなシチュエーションはヨガにも最適。「砂丘YOGA」は3月下旬~10月末までの期間限定で、朝から夜まで時間ごとにさまざまな砂丘の姿を楽しみながら、ヨガで心身ともにリラックス。空と大地、そして海のパワーを体いっぱいに感じ、ここでしか体験できないヨガ・プログラムに挑戦してみては。

    乗り合い馬車

    basya2

    http://blog.livedoor.jp/hotairgo/archives/50761385.htmlから引用

    乗り合い馬車は、砂丘をのんびりと眺めつつガイドさんのトークに浸る約15分間のお楽しみ。自分の足で歩くのが大変な方や、お年寄り、お子さん連れなどにオススメです。

    観光リフト

    rifuto

    http://blog.livedoor.jp/art193/archives/50485398.htmlから引用

    誰でも気軽に乗り降りができる観光リフト。砂丘センタと砂丘の入口を連結しており、上まで昇ると砂丘と日本海を同時に楽しめます。リフトの乗車時間は約5分。好奇心旺盛なお子さんや、砂丘を初めて訪れた方、海外からのお客さまにも大人気。展望台も併設されているので、写真撮影やセルフィーにもぴったりのスポットです。

    【お土産も忘れずに】

    砂たまご

    sunatamago

    http://blog2.k05.biz/2011/08/00295.htmlから引用

    鳥取砂丘に来たらぜひ一度食べておきたいものが、名物の「砂たまご」。鳥取で昔から放し飼いによって飼育されている鶏から生まれた卵を和紙でつつみ、25分間250度で蒸した逸品。ゆで卵よりさらに奥深い味わいで、白身にこげ目がついて芋のような食感になります。栄養価が高いと評判の食べ物でもあり、お土産やちょっとした間食にも最適です。

    砂丘らっきょう

    rakyo

    http://tsuhan.otafuku.co.jp/lp/rakkyou/から引用

    鳥取県の名産品としても名高い「砂丘らっきょう」は、砂丘でも人気の高いお土産物。鳥取砂丘に隣接している鳥取県福部町が代表的な生産地であり、砂丘から採れたらっきょうとしてさまざまな加工品が販売されています。テレビや雑誌でも紹介され、他のらっきょうと比べて歯ごたえが違います。

    らくだグッズ

    rakudaguzu

    http://p.booklog.jp/book/97722/page/2641082から引用

    名物のらくだグッズは、ストラップやぬいぐるみ、Tシャツなど普段使いができるアイテムがたくさん!ぬいぐるみ好きなお子さんや女性に大人気のアイテムです。

    鳥取砂丘のお酒

    imosake

    http://item.rakuten.co.jp/odenden/711649/から引用

    お酒好きな方には地酒をお土産にどうぞ。ご当地米焼酎「砂丘育ち」や、「砂丘長いも焼酎」、純米酒「鳥取砂丘」などこだわりの銘柄が揃います。鳥取県産の梨を使った「梨わいん」もおすすめです。

      • このエントリーをはてなブックマークに追加

      集客のコツ

      ピックアップ記事

      1. 出雲市のリフォーム会社
        今回は、島根県出雲市のリフォーム会社を紹介してみようと思う。あなたは、安心してリフォームをする方法を…
      2. 松江市にお住まいの方は、どこでスーツを買うのだろうか?大手のスーツ屋さんがメインになるのは明らかだが…
      3. 島根県松江市学園に島根では初となる「職業紹介所」が新たに立ち上がった。もしかしたら、職業紹介と名乗る…
      PAGE TOP